ハーモニカでボランティア

 私たちが小学生の頃は学校で習っていたハーモニカ。どこか懐かしいその音色は心を温かくしてくれます。
 父は定年を迎えてから、ハーモニカを通じて仲間作りをめざすボランティアをするようになりました。父とハーモニカとの出合いは7年前。高齢者が老人ホームでハーモニカに合わせて歌を歌う様子が書かれた広報紙を読み、これなら自分にもできるのではないかと思って、早速ハーモニカを購入しました。猛特訓の末、今では童謡・唱歌・懐メロなどレパートリーは300曲以上になるそうです。
 ハーモニカは手軽なので持ち歩いていつでもどこでも吹けることが魅力です。おまけに息を吹いたり吸ったりすることが深呼吸になり、健康にも良いとのこと。現在は近隣の町でハーモニカ教室も開くようになりました。そして、身体障害者施設や老人施設などのデイサービスにも月数回ボランティアでハーモニカクラブの指導に出かけています。利用者も「いろいろな曲が吹けるようになると楽しい。1日10分でも、毎日練習するようにしています」と話します。
 「今後、地域の施設や高齢者の集まりなどで演奏するボランティア仲間が増えればうれしい。初心者でも絶対大丈夫だから」と父は言うので、私も始めてみようかなと思っています。最初は「チューリップ」くらいからかな?